税務調査のご対応

税務署からの連絡
税務署からの連絡は、基本的に税理士側に入ります。税理士は納税者(お客様)と税務署の間に入り、まずは日程調整をすることになります。

基本的に1日~3日の日程を確保することが多いです。税務署は希望日程を伝えてきますが、お客様のご都合を優先させて大丈夫です。なお、現金を扱うビジネス(飲食店や美容業など)は、事前予告なしに税務署職員が調査に来る場合もあります。その際は慌てずに、弊社にご連絡ください。

税務調査のみの対応もお受けしておりますので、弊社の顧問先でない方もお問い合わせください。

お客さまと弊社との事前打合せ
税務調査前に、事前の打ち合わせをさせていただきます。

税務調査にあたっての注意事項や、税務署側に誤解を与えてしまいそうな箇所について検討します。また、必要な書類がそろっているかどうかも確認します。弊社で税務申告をされている場合は、適正な税務処理が行われておりますので、事前打ち合わせはスムーズに進行します。

税務調査当日
税務調査当日も弊社スタッフも同席させていただきますので、安心してください。企業規模により、税務調査は1日から3日の間で行われます。

当日の流れの例
10時ごろ
税務署職員が来訪します。

10時~11時
税務署、経営者、そして我々の3者間で情報の共有が行われます。中心は、会社の経営状況や商流の説明などになります。

11時~12時
税務署職員が帳簿のチェックに入ります。この時は、経営者の方は席を外されて問題ありません。弊社側は常に立ち会っています。

12時~13時
お昼ご飯の時間です。税務署職員は外に食べに行きますので、昼食を用意する必要はありません。用意しても食べるようなことはないです。また、お車代などの心付け不要で、一切受け取りません。なお、弊社側にも昼食は不要です。

13時~16時
基本的には税務調査になります。30分から1時間程度、経営者の方に質問がありますが、その他は席を外されていて大丈夫です。弊社側は常に立ち会っています。

16時ごろ
16時くらいに税務署職員は帰っていきます。2日目、3日目がある場合は、上記が繰り返されます。

事後折衝
実は、税務調査が一番大変なのはここからです。

税務署があらゆる点について、追加の資料を要求してきます。ここでは我々が税務署と折衝しますので、経営者様の手を煩わせることはあまりありません。責任を持って我々が対応いたします。